キャラクターが走るアニメの作り方




走るアニメ
オープニングなどでとてもよく見る走りの作り方です。
こだわると難しいですが、少ない枚数でよく動く動作なので
はじめて作る人にもおすすめです。

しゃがんでジャンプするような感覚

走りに最低限必要な枚数は6枚。
さりげない動作ですが、こうして見るとしゃがんでジャンプするような動作です。
走りフォーム
1と4の原画の間を2枚動画を入れます。
2でグッと沈んで3で飛び出すように上がります。
2はもっと伸びていてもいいぐらいです。
走りフォーム戻るまで
同様に4~1に戻るまでの動画も作ります。これでループになります。
プロの制作現場では原画(1・4)の間は3枚だったり
他の部分が原画になる場合もあります。

小走りだったりドスンドスンと走ったり、キャラクターによって走り方に個性が出てきます。

その場でループする走りは足の運びと前後間がポイント

走りスロー
このようにその場でループする走りは顔が前後に動きます。
前後に動くのは足の伸び縮みに連動しています。

フォロー
このように、その場でキャラが走りループをして背景が動くシーン。
アニメ制作現場では「フォロー」と言います。
カメラがキャラクターを追って撮影している感覚のシーンです。

ちなみに背景が止まっててホントにその場で駆け足してる動画は
また違ったフォームになると思いますので自分で走って比べてみてください♪

えな

キャラクター走らせてみたいですよね!
しゃがんでのびる!(」・ω・)」(/・ω・)/
しゃがんでのびる!(」・ω・)」(/・ω・)/
最初はちっちゃいキャラでチャレンジしてみます!




自主制作用に画像のトレース・模写使用は『条件付き』でOKです
トレース、模写に利用した記事をTwitterFacebookなどSNSにてシェアして下さい。
例:『このページのアニメをトレースさせていただきました』+記事のリンク

当サイトで発信している画像・情報そのものを転載・販売することは禁止しています。
使用して生じた問題について運営側は一切責任を負いません。
当サイトで発信している画像・情報について、無断の二次使用・複写・転写等は禁止しております。